避妊

性病予防 避妊の方法

予防と避妊は別もの

STDの予防に、コンドームは有効です。ですから、コンドームの正しい使い方を覚え 彼も協力的だと、安心感があります。そして、その安心から、「避妊も大丈夫」と考えている人もいることでしょう。実際、日本で最も多く用いられている避妊法は、コンドームですからね。避妊方法の選択肢が少ない日本では、頼れる存在というわけです。それに、値段も高くなく 簡単に使えますし、ドラッグストアやコンビニエンスストアなどでも手軽に購入できるので、利便性も高いです。

 

ところが、避妊という面からみると、コンドームはベストとは言えません。コンドームに限ったことではありませんが、避妊においては 何らかの理由で失敗することもあり、100%確実とは言えないのです。そして、その割合が コンドームの場合 12〜14%と高く、10年間で70%が失敗して妊娠しているというデータもあるほどです。そうしたことから、世界的には、コンドームを避妊法として単独で使用しなくなってきています。

 

コンドームはSTDの予防具として効力を発揮しても 避妊まではできない、ということを 認識してください。

ピルとは

世界的にスタンダードな避妊法の一つが、「ピル」という錠剤の服用です。1日1回1錠を飲み続けることで、失敗率0.15%という高い避妊効果が得られます。ただ、飲み始めのときに 吐き気や頭痛といった副作用があり、日本ではまだ 医師の処方が必要です。そして、3週間服用して1週間休むタイプと、1週間はプラセボ(偽薬)を飲むタイプの、2種類があります。

 

メリットとしては、相手に頼らず避妊できることと、セックスのムードを損なわないことです。さらに、月経痛の軽減,貧血の予防,卵巣ガンの予防といった、避妊以外の効果が得られるのも魅力的です。しかし、セックスするしない関わらず、毎日服用する必要があるのが面倒です。また、STDの予防ができないのもデメリットでしょう。

性とはそもそも何か

性教育を行う前提として、性とはそもそも何なのかを理解しなければいけません。
性とはつまり男女を区別するもので、英語ではセックスと言います。
セックスとは性行為のことも意味しますが、名詞としては性別のことです。

 

人間だけでなく世の中の多くの生き物にはオス、メスがあり子孫繁栄のためにセックスをします。
人間も同じようにセックスによって子孫を増やしてきたわけですが、人間の場合は子孫を残すためだけにセックスをするわけではありません。
男女問わず人間には「性欲」という3大欲求の1つがあります。
性欲によって突き動かされセックスを行うことで、妊娠出産という結果が生まれ子孫を残してきたのです。

 

セックスとは基本的に男女で行うものです、繁殖という概念を考えれば男女で行うのが人間という種族である以上は当然のことと言えます。
しかし性欲という点から見れば、セックスは必ずしも男女間の行為だけに留まりません。
男女でない、男男、女女といった組み合わせのセックスも世の中には存在しており、それは何も不思議な事ではありません。

 

このように性の在り方については様々なパターンがあることが分かります。
性の多様性を認めないとなれば、その考え方は非常に危険なものであるとも言えます。
何故なら性の在り方はそのまま生き方、人生に直結するもので、生きていく過程におけるバリエーションの一つとも言えるからです。

 

その上で性教育とは男女の区別、そしてセックスについて教えることを意味するわけですが、性の多様性が存在する以上、正しい答えがある教えではありません。
そういう意味で、性教育を考えることは非常に重要でもあり、間違った教え方をすれば非常に危険を伴う結果を生むことになるのです。

セックスによるリスクとは

セックスを行うことによるリスクは性感染症はもちろん、それ以外にもあります。
快楽に身を任せてセックスを行っていれば、それ相応のリスクを背負うことになります。
では、どのようなリスクがあるのか見てみましょう。

 

望まない妊娠リスク

妊娠リスクとは妊娠を望んでいないのに妊娠してしまうことを指します。
また、妊娠そのものは病気ではないものの、妊娠をきっかけとした健康リスクはあります。
妊娠すれば出産するかどうかの選択を迫られることになり、年齢や社会的立場などを考慮した場合に優生保護法により堕胎することもあります。
結婚せずに出産することもあり、本人だけでなくそのリスクが子供にまで波及するのです。

 

社会的リスク

社会的リスクとはセックスすることによる妊娠などで、望まない結婚や出産を強いられ人生において重大な転換点を余儀なくされるリスクのことです。

 

経済的リスク

社会的リスクにリンクするのが経済的リスクで、セックスによって妊娠、出産、結婚などに直面すると金銭的な負担が生じます。
優生保護法により堕胎をする場合でも、費用が発生するのは言うまでもありません。
また不倫などによって離婚となった場合でも、慰謝料などのリスクが発生するのです。

 

メンタルリスク

セックスを強要されることは許される行為ではありません。
しかしレイプ被害に遭った場合は、物理的な被害はもちろんのこと多くの場合で精神的なトラウマになり、メンタルリスクの一例と言えます。

性病予防 避妊の方法記事一覧

IUDとは

IUDは、精子の侵入を防ぐ目的で子宮内に装着する プラスチック製の小さい器具です。避妊リングとも言い...

≫続きを読む

 

ピルとコンドームの併用がベスト

性行為には STDと望まない妊娠という2つのリスクがあり、このリスクを避けるためには 予防と避妊が欠...

≫続きを読む

 

ピルの効果と種類

ピルは、排卵を止めて妊娠しないようにする薬です。経口避妊薬と言い、ごく少量の女性ホルモンが入っていま...

≫続きを読む

 

ピルの飲み方

ピルの服用は 1日1錠で、21日間飲んで7日間休む 28日が1周期となっています。ただ、飲む習慣を崩...

≫続きを読む

 

ピル服用の開始時期と飲み忘れの対処法

ピルの服用が初めてのとき、飲み始めの日を自分で決めることができます。一般的なのが、デイワン・スタート...

≫続きを読む

 

ピルの副作用は?

ピルを服用し始めると、1〜2割の人に 副作用が現れます。吐き気,不正出血,頭痛,乳房の張りといった症...

≫続きを読む

 

ピル服用のさまざまなメリット

ピルは避妊薬ですが、ほかに幾つもの良い効果をもたらします。まず、月経にまつわるトラブルが一気に解消し...

≫続きを読む

 

ピルの処方と検査費用

ピルを服用して避妊したいと思っても、薬局などでは簡単に買えず、医師の処方が必要です。まずは、産婦人科...

≫続きを読む

 

知っていると安心の緊急避妊法アフターピル

普段は対策をしていても、避妊しないでセックスしたり ピルを飲み忘れたのにしてしまったりなど、まれに緊...

≫続きを読む

 

自分を守る避妊 女性が出来ること

STDにかからないためにはコンドームの使用が不可欠ですが、頭で分かっていても いざセックスとなると、...

≫続きを読む

 

性病対策 正しい情報の取得と責任ある行動が大切

ひとりの男性と付き合っている人よりも 不特定多数の男性と付き合っている人のほうが、性病にかかるリスク...

≫続きを読む

 

女性なら、かかりつけの産婦人科医がいると何かと安心

産婦人科は妊娠したら行くところ と思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。生理が始ま...

≫続きを読む

 

若い世代の性病感染が深刻

セックスで感染する病気を「STD」と言います。梅毒,淋病,クラミジア感染症,性器ヘルペス,尖形コンジ...

≫続きを読む

 

セックスのリスクを知ることが大切

セックスは、愛を確かめ合うコミュニケーション方法の一つです。しかし、STDと望まぬ妊娠というリスクも...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ