ピル 費用

ピルの処方と検査費用

ピルの処方と検査

ピルを服用して避妊したいと思っても、薬局などでは簡単に買えず、医師の処方が必要です。まずは、産婦人科や内科などを受診します。そして、ピルの処方においては、問診と血圧検査が必要とされています。問診では、主に過去の病歴について質問されます。また、年齢よっては、喫煙の有無や1日に吸う本数も聞かれます。血圧検査は、高血圧であるかを調べるために行います。

 

普通は この2つの検査で終わりですが、厚生省のガイドラインでは 内診,STD,尿,血液の検査も併せて行うことを勧めています。しかし、健康診断として望ましいというだけのことなので、どこまでやるかは自由です。内診については断ることもでき、お腹の上からの超音波検査に変えることも可能です。さらに、月経痛や子宮内膜症など 気になっている症状の治療も併せて行う場合には、そのための検査も受けます。

 

ピルの処方については、保険が効かないので自費での治療になります。なので、病院によって費用は異なり、1周期分の相場は2000円〜2500円です。さらに、診察代や検査代もプラスされ、5000円以下のところもあれば 2万円以上かかるところもあります。事前に問い合わせてから受診すると安心でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ