コンドーム 避妊

セックスのリスクを知ることが大切

コンドームの不使用が問題

セックスは、愛を確かめ合うコミュニケーション方法の一つです。しかし、STDと望まぬ妊娠というリスクも伴っています。

 

特に女性は、男性よりもリスクが大きいです。STDにかかりやすく、感染した場合には 症状が重くなりやすいのです。さらに、出産すれば 赤ちゃんにまで移してしまう危険性があります。また、望まない妊娠だった場合には、中絶することで傷つきます。

 

このように、セックスのリスクは どうしても女性のほうが重くなります。それなのに、STDの予防や避妊は考えず、また 男性任せというのは、あまりにも無防備すぎます。そして、「心も体も一つになれた」と感動したセックスのあとに、STDの感染や望まぬ妊娠が分かったら、ショックというものです。

 

セックスのリスクは、無知でいることが最も危険です。進歩がなく、同じ失敗を繰り返してしまうからです。そうならないためには、まずは知ることが大切です。STDや避妊についての正しい情報はもちろん、女性の体についても正しい知識を取り入れるようにしましょう。

 

 

若者の多くは、セックスはするけど 避妊に無関心であると言います。さらに、避妊法を知っていも 行動に移さない傾向もみられます。

 

厚生省が行った調査では、過去1年間のセックスでコンドームをまったく使わなかった・あまり使わなかったと答えた人は、若い世代の男性で4割半 女性で3割強もいました。この割合は 年齢が上がるにつれて増えていくのですが、結婚している世代なら使わなくても納得がいきます。ところが、未婚が多いはずの若い世代で 使わない人の割合が高かったのです。

 

他の調査においても、4割の未婚女性が、避妊は危険日だけとか パートナーまかせという結果が出ています。特に高校生で、パートナーが避妊に非協力的と答えた人の割合が高く、3割もいました。反面、妊娠の不安がないと回答した人が半数と多いのも特徴です。知識がないために、このような結果になっていると考えられます。

 

セックスでのコンドームの不使用は、避妊しないだけでなく STDの予防もしてないことになります。そして、活発にセックスしているのにコンドームを使っていない若者が多いことを考えると、若い世代にSTDが広がっているのもうなずけるというものです。

セックスをしない選択。マスターベーションは悪いことか

性教育ではセックスと同様にマスターベーションについても教えます。
そこで大事になってくるのがマスターベーションとセックスの違いについてです。
マスターベーションはセックスの代用品、つまり性欲を満たすことは出来るもののセックスと等価ではないと言える。

 

もしマスターベーションとセックスが等価であれば、マスターベーションのほうが遥かにリスクも手間もかからないのでマスターベーションで事足りてしまいます。
そうなると人類は繁栄せず衰退絶滅してしまうでしょう。
しかし実際には人類は衰退どころか爆発的に人口が増え続けています。
このことはマスターベーションはセックスの部分的な代用品でしかないことを裏付けています。

 

もっと言えば、セックスをするためには様々な段階を踏まなければいけません。
相手がいないと出来ない、相手との同意が必要、そして妊娠や性感染症などのリスクがある。
これだけ面倒なことを抱えているセックスにも関わらず、マスターベーションがその欲求を100%満たすことができないのは、セックスという行為に意味を求めるからです。

 

性行為は性交渉とも言いかえることができます。
つまり会話などによるコミュニケーションの一部ともとれるわけです。
セックスを通じて男女、男男、女女などの組み合わせでお互いの性を通じて、コミュニケーションをとっているとも言えます。
マスターベーションは自慰という言葉にもあるように、一方通行でありその行為そのものにコミュニケーションは存在しないのです。

マスターベーションは悪いことか

過去、世界的にみるとマスターベーションすなわち自慰行為は禁止されてきました。
キリスト教の影響を強く受けていて、道徳的に良くない、健康に良くないとされていました。
日本では道徳的に良くないという教えはありませんでしたが、精子の数が少なくなるので男子のマスターベーションのやり過ぎは良くないという教えはありました。
もちろん、そんな話は間違っているのは当たり前のことです。

 

どうして欧米でマスターベーションが禁止されていたかというと、性的欲求というのは妊娠出産育児を念頭においてのみ行われるべき行為とされてきたからです。
しかし性欲というのは人間にとって3大欲求の一つであり、強い渇望に繋がるためそれらの行為を禁止することは容易なことではありません。

 

セックスとは命を繋ぐための行為であり、マスターベーションは生殖を伴わないことから神に背く行為とキリスト教社会では教えられてきたわけです。
現在の日本ではどうか、多くの人がマスターベーションを行うことは男女ともに普通だと考える人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

マスターベーションが学力を低下させたり、健康に害を与えるというデータは存在しません。
どうしてダメなのか、何が悪いのか?という問いに対して確たる答えが出せない以上、マスターベーションは何も悪いことではないというのが必然的に答えとなるのです。
ただしたくないと考える人に強要するものではないことも合わせて知っておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ