コンドーム 避妊

セックスのリスクを知ることが大切

コンドームの不使用が問題

セックスは、愛を確かめ合うコミュニケーション方法の一つです。しかし、STDと望まぬ妊娠というリスクも伴っています。

 

特に女性は、男性よりもリスクが大きいです。STDにかかりやすく、感染した場合には 症状が重くなりやすいのです。さらに、出産すれば 赤ちゃんにまで移してしまう危険性があります。また、望まない妊娠だった場合には、中絶することで傷つきます。

 

このように、セックスのリスクは どうしても女性のほうが重くなります。それなのに、STDの予防や避妊は考えず、また 男性任せというのは、あまりにも無防備すぎます。そして、「心も体も一つになれた」と感動したセックスのあとに、STDの感染や望まぬ妊娠が分かったら、ショックというものです。

 

セックスのリスクは、無知でいることが最も危険です。進歩がなく、同じ失敗を繰り返してしまうからです。そうならないためには、まずは知ることが大切です。STDや避妊についての正しい情報はもちろん、女性の体についても正しい知識を取り入れるようにしましょう。

 

 

若者の多くは、セックスはするけど 避妊に無関心であると言います。さらに、避妊法を知っていも 行動に移さない傾向もみられます。

 

厚生省が行った調査では、過去1年間のセックスでコンドームをまったく使わなかった・あまり使わなかったと答えた人は、若い世代の男性で4割半 女性で3割強もいました。この割合は 年齢が上がるにつれて増えていくのですが、結婚している世代なら使わなくても納得がいきます。ところが、未婚が多いはずの若い世代で 使わない人の割合が高かったのです。

 

他の調査においても、4割の未婚女性が、避妊は危険日だけとか パートナーまかせという結果が出ています。特に高校生で、パートナーが避妊に非協力的と答えた人の割合が高く、3割もいました。反面、妊娠の不安がないと回答した人が半数と多いのも特徴です。知識がないために、このような結果になっていると考えられます。

 

セックスでのコンドームの不使用は、避妊しないだけでなく STDの予防もしてないことになります。そして、活発にセックスしているのにコンドームを使っていない若者が多いことを考えると、若い世代にSTDが広がっているのもうなずけるというものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ