ピル 効果

ピルの効果と種類

ピルの効果と種類

ピルは、排卵を止めて妊娠しないようにする薬です。経口避妊薬と言い、ごく少量の女性ホルモンが入っています。そもそも排卵は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(黄体ホルモン)の量によってコントロールされています。なので、ピルの服用で体内のホルモン環境を変えることにより、自分のホルモン分泌が制御されて 排卵が止まります。さらに、子宮の入口の粘液の状態も変化し、精子の侵入を防いだり 妊娠の成立を妨げたりします。ピルの避妊効果は高く、失敗率は たったの0.15%です。

 

現在 日本で発売されている低用量ピルは 全部で9種類あり、ホルモンの配合別に3種類に分類できます。プロゲストーゲンとエストロゲンの量が1周期間ずっと一定している「T相性」,プロゲストーゲンの量が2段階になっている「U相性」,ホルモン量が3段階に変わり様々なパターンがある「V相性」。どれも効果は同じなので、とりあえず3周期服用してみて、自分の体やタイプにあったものを探せばいいでしょう。ちなみに、T相性は飲み間違えがないので、月経を早めたり遅らせたり調整したい人に向いています。U相性V相性は、より自然なリズムで試したい人にお勧めです。ただ、飲む順番を厳守することが大切で、月経日を調整することは難しくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ