梅毒 症状

梅毒【症状・検査・治療】

特徴

梅毒は、梅毒トレポネーマが原因で発症する病気です。性病の代表選手として昔から知られており、感染してから10年以上の期間をかけて死に至る不治の病でした。

 

ただ、よく利く抗生物質の登場で 過去の病気になりつつあったのですが、現在は増加傾向にあります。淋病と同じくらい多い、とも言われています。「梅毒なんてまだあったんだぁ」と勝手に過去の病気にしないでください。

 

感染経路は、セックス,キス,ペッティングです。まれに輸血,感染者の血液や体液のついた下着やタオルなどに触れて感染することがある、ということことを覚えておきましょう。

 

また、潜伏期間は10日〜90日と長く、感染力も強いです。ですので、気付かないうちに多くの人に移してしまう可能性が高いです。

 

妊娠すると赤ちゃんに重大な影響を与えてしまうこともあるので、早期発見・治療が大切です。


女性の症状

梅毒は、潜伏期間と症状が現れる時期とを交互に繰り返しながら、4期に分けて 進行していきます。

 

第1潜伏期

主な症状
痛みのないしこり/痛みのないリンパ節のはれ

 

まずは 第1潜伏期で、感染してから3週間くらいは症状が出ません。その後、直径1cm以内の硬いしこりやブツブツが性器にでき、腿の付け根にあるリンパ節が硬く腫れます。ともに痛みはなく、しこりは潰瘍になって自然消滅します。

 

第2潜伏期

主な症状
ピンク色の円形のあざ/赤茶色の盛り上がったブツブツ/脱毛

 

そして、第2潜伏期に入り、病原体が全身へと広がります。第2期は、感染から3カ月後くらい。もっとも感染力の強い時期です。全身に小指の先ほどの大きさの斑できる「梅毒性バラ疹」,性器やワキの下などにでき悪臭を放つブツブツ,口腔内にできる粘膜斑などが現れて消え、頭部の脱毛も生じます。いずれの症状も放っておいても自然に消え、第3期潜伏期に入ります。

 

第3潜伏期

主な症状
コブ状のしこり

 

第3期は、感染から3年後ぐらい。この頃になると感染力は弱まるので、他人に移す可能性は低くなります。全身に硬いコブのような「結節性梅毒ゴム腫」ができます。放っておいても治りますが、治った後に瘢痕ができます。次々にできては瘢痕を残すので、外見的に醜くなります。

 

第4潜伏期

主な症状
心臓、血管、神経、目などに重い障害

 

第4期は、感染から10年以上経過してからです。心臓,血管,脳などの中枢神経にまで病変が及び、痴呆状態になったり 歩行も困難になります。やがて、死に至ります。

男性の症状

男性の梅毒についてですが、症状は女性とほとんど変わりません。ですから、妊娠・出産による赤ちゃんへの影響がない分、軽視しやすいかもしれないです。しかし、怖い病気であることには違いないので、早期の治療が大切と言えます。

注意事項

今や梅毒は、不治の病ではありません。治療をすれば、完全に治すことができるのです。ただ、治療を始める時期によって治療期間は異なり、第1期で気付いてすぐに治療を開始すれば早く治ります。また、他人への感染も防げます。

 

とはいえ、放置しておいても症状が消えるため、「自然治癒した」と勘違いしやすいです。見過ごしてしまわないよう、正しい知識を身に着ける必要があります。第1期で見過ごしてしまった場合でも、第2期で早期に治療を開始すれば 治療期間は短くて済みます。

 

さらに、第2期は非常に感染力が強いので 病原菌をばらまいてしまいやすいですが、早期治療で感染源になる心配はありません。ですから、全身の発疹やバラ疹が生じたら、すぐに検査を受けるようにしてください。

 

過去の病気と思って油断しているのが、最も危険です。

治療

梅毒の症状は 4期に分かれて現れますが、早期に治療を開始するほど 完治までにかかる期間が少なくて済みます。

 

ですから早期発見が大切と言えるわけですが、治療は 抗生物質を用いて行います。病気の進行が第1期から第2期であれば、約2週間 抗生物質の注射をし、約1カ月間 抗生物質の内服を続けます。

 

その後 血液検査をし、完治したかどうかを調べます。血液検査の結果が陰性だと、治療終了です。

 

同じように、第3期以降も 抗生物質の投与で治療を行います。ただ、この時期になると、治療の期間が長くなります。そして、完治したかどうかは 血液検査の結果で判断しますが、完治しているはずなのに 陰性にならないこともあります。

検査・検査妊娠への影響

梅毒においては、妊娠初期に必ず検査を受けることになっています。そして、もし感染していることが分かったのなら、早期に きちんと治療をすべきです。お腹の赤ちゃんに影響するのは、妊娠4カ月以降だからです。それまでに気付いて治療すれば、赤ちゃんへの影響は心配ありません。逆に、治療せずに放っておいたり 妊娠後期に感染すると、赤ちゃんへの感染を免れることはできないです。

 

そして、赤ちゃんへの影響ですが、妊娠初期から中期に感染したり 感染したまま妊娠した場合に 胎児にも移ります。こうして感染した胎児は死亡するか、あるいは流産や早産を引き起こします。また、妊娠の後期に感染した場合には、先天梅毒児が生まれることになります。

 

梅毒の検査ですが、しこりなどの病変からトレポネーマが検出されるかを調べるとともに、血液検査も行います。検査は、保健所やネットからでもで受けることができます。

 

近年は再び感染者数が増加しているのが梅毒とB型肝炎。早期発見・早期治療が大切です。
梅毒検査の詳細

 

安心のための代表的な性病検査ができる標準タイプ。ひととおり検査をしてみたいと思われる方におすすめです。
男性 一通り性病検査する

 

女性 一通り性病検査する


ホーム RSS購読 サイトマップ