エイズ 症状

HIV(エイズ)【症状・検査・治療】

特徴

誤った認識により偏見も・・

HIVやエイズという言葉を聞いたことがない、という人はいないことでしょう。しかし、正しく認識している人は少ないはずです。

 

エイズは同性愛者や麻薬中毒者の病気である、という偏見を持っていませんか?日本に上陸した頃に大きく取り上げられたので そうした偏見が生まれましたが、その後 輸血による被害もクローズアップされています。そして全世界の実際の感染を調べると、この病気にかかっている人の7割が 異性間の性行為が原因とされています。つまり、普通にセックスしていも 移ってしまう病気なのです。

 

また、HIVの感染者は、先進国では減少傾向にあります。しかし日本では、若い世代を中心に増加傾向にあるのです。検査を受けていないキャリア(保菌者)も含めると、感染者数は1万人とも言われています。感染源とならないためにも、正しい知識を取り入れることが大切です。

 

HIV感染症とは

HIV感染症は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が原因で発症する病気です。主にセックスによって感染しますが、注射の回し打ちや輸血なども感染経路となります。潜伏期間は7年〜10数年です。感染しても症状が出ないことのほうが多く、出ても2週間くらいで自然に消えます。そのため、ほとんどの人は 感染に気付きません。

 

症状としては、まず 2週間〜2カ月後に、発熱,喉の痛み,リンパ節の腫れといった風邪のような症状が現れます。しかし、放っておいても自然に症状は治まります。ただ、治ったのではなく 体内に潜んでいるだけで、この無症状の状態をキャリアと言います。

 

ウイルスは、少しずつ免疫機能を破壊しています。こうして 免疫力が低下すると、発熱,下痢,体重減少といった症状が出てきます。

 

さらに免疫力が落ちると、普段ならかかることのない「日和見感染」を引き起こします。これがエイズの発症で、さまざまな症状が出てきます。そして最後には死が訪れますが、カポジ肉腫や悪性リンパ腫などの悪性腫瘍ができると助からないです。

 

完治は無理なので、コンドームを使用して感染を防ぐ以外に 身を守る手立てはありません。反対に、キャリアになったら 他人に移さない努力も必要です。

妊娠への影響

妊娠・出産への影響については、妊娠すると 病気の進行が早くなることがあります。また、妊娠中や出産後に さまざまな感染症にかかりやすくもなります。

 

胎児への感染も懸念されるところですが、感染率は25〜30%です。ただし、妊娠中に抗ウイルス薬を服用することで、感染率を下げることは可能です。そして、出産時の感染については、帝王切開によって退治への感染を防げます。

 

いずれにしても、妊娠前や妊娠中に 一度検査をしておくのがお勧めです。なお、赤ちゃんが感染せずに生まれてきても、その後の生活で感染してしまえば意味がないです。感染させないよう気を付けて接していきましょう。

治療と注意点

HIV感染症の治療は、抗ウイルス剤の投与によって行われます。ただ、有効な薬の開発はなされているものの、治癒できる薬の登場には至っていません。ですから いずれ死に至りますが、病気の進行をコントロールし エイズの発症を遅らせることは可能です。また、日和見感染症の中にも、予防を行うことで発病を抑えられるようになった病気も幾つかあります。

 

注意点としては、完治することができないので、とにかく感染を防ぐことが大切だということです。また、反対に、他人に移さない努力も必要です。感染の可能性がある場合には、早く検査を受けるようにしてください。そして、検査の結果 陽性であれば、他人に移さない行動を心掛けるととともに、今後の治療方針などを立てます。

 

男性のHIV感染症についても、症状,検査,治療など 女性と差はありません。また、妊娠や出産への影響がないものの、子供と生活をしていく上では 女性と同じように感染させない努力が必要です。

HIV検査について

HIVに感染したかどうかは、血液検査だけで分かります。検査は、保健所で 匿名かつ無料で受けられ、5〜10分で終わります。結果は 2週間後に分かりますが、陽性だった場合 確認検査が必要になります。

 

ただ、留意しておきたいのが、感染してから6週間〜3カ月経たないと抗体ができないことです。つまり、感染していても 血液検査で陰性になってしまうわけです。ですから、3カ月ほど待ってから検査を受けるようにしましょう。

 

HIV感染の早期発見・早期治療で、エイズの発症をおさえることができます。気になる方は必ず検査を受けましょう。
HIV検査の詳細

 

安心のための代表的な性病検査ができる標準タイプ。ひととおり検査をしてみたいと思われる方におすすめです。
男性 一通り性病検査する

 

女性 一通り性病検査する


ホーム RSS購読 サイトマップ