淋病 症状

淋病【症状・検査・治療】

女性の症状・特徴

淋病女性

主な症状
おりものの増加/不正出血/下腹部の痛み/性交時の痛み/のどの腫れ・痛み

 

淋病は、淋菌という細菌が原因で発症する病気です。感染経路は主にセックスですが、まれに淋菌の付着したタオルや指などから目に感染することもあります。潜伏期間は、2〜10日です。

 

ちなみに 淋病は、昔から知られている病気で、梅毒とともに性病の代名詞のように語られていました。しかし 非常に弱い菌なので、徐々に減少していきます。そして、過去の病気となりつつありました。ところが、1995年から増加傾向にあり、特に男性の感染が多く報告されています。女性の約7倍というデータもあるほどです。

 

とはいえ、女性は感染に気付きにくいので数字に現れないという見方もあります。つまり女性は、知らないうちに感染源となっているかもしれないわけです。また 最近は、オーラルセックスによる喉への感染も増加傾向にあります。

 

女性は 淋病に感染しても、おりものの増加や性器の痒みなど 症状が少なくて軽いので、気付かないことが多いです。しかし病気が進行して膣炎や子宮頸管炎がひどくなると、膿のような黄色いおりものが出てきます。

 

また、感染が尿道にも広がると、尿道炎を起こして排尿時に痛みを伴ったり 尿道から膿が出たりするので分かります。それでも気付かずに進行してしまうと、子宮内膜炎や卵管炎などを起こすことがあり、注意が必要です。

 

また、喉に感染した場合には、咽頭痛や咳といった風邪のような症状が現れます。他に、目に感染することもありますが、この場合 結膜炎を起こして ひどい痒みが生じたり 目やにが増えたりします。


男性の症状

淋病男性

主な症状
尿道からのウミ/激しい痛みの排尿痛/尿道のかゆみや不快感/精巣上体の腫れ/発熱や激しい痛み/のどの腫れ・痛み

 

淋病の症状は、男性のほうが女性よりも強く現れます。初めは尿道に痒みや熱っぽさを覚える程度なのですが、その後 尿とともに尿道から膿が出るようになり、排尿時に強い痛も生じるようになるのです。ですから 普通は、この段階で気付きます。

 

ただ、治療せずに放っておくと、尿道炎がひどくなり 排尿時の出血や排尿困難なども起こるようになります。さらに進行すると、前立腺炎や副睾丸炎になることもあります。

 

そして進行してしまった場合、治っても尿道が狭くなって排尿が難しくなる 尿道狭窄が残る可能性があります。ですから、早めに治療することをお勧めします。


注意事項

淋病は、古くからある病気です。それだけに、さまざまな民間療法がクチコミなどで広がっています。例えば、セックスの前あるいは後に抗生物質を飲んでおくと 感染しなかったり 感染してもすぐに治る、といった予防法です。また、セックスの後に排尿したり 性器を洗うといい、といった対策もあります。

 

しかし、これら療法はどれも効果がありません。そればかりか、抗生物質の勝手な服用は、病気をこじらせる原因にもなります。他方、病院を受診して治療している場合でも、症状が消えたからといって完治しているとは限りません。ですから、いつまで飲み続けるかは 医師の判断に従い、勝手に通院をやめないようにしましょう。

 

完治してなかった場合、再発して慢性化し、ひどくなるかもしれません。

検査・治療・妊娠への影響

淋病は放っておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因になります。感染したまま出産すると 赤ちゃんにも移り、淋菌性結膜炎を起こして失明する可能性があります。妊娠に気付いて心当たりがあるなら、検査を受けておきましょう。

 

検査としては、膣などからの分泌物や尿を調べます。治療は抗生物質の服用で、1週間程度で治ります。完治するまで、セックスは禁止です。

 

検査

自覚症状がほとんどなく、感染者数の多い淋菌とクラミジアをあわせて検査できるタイプ。ご不安な方はまずこの検査がおすすめ。尿をとるだけで簡単に検査できます。
男性の淋病検査

 

女性の淋病検査

 

安心のための代表的な性病検査ができる標準タイプ。ひととおり検査をしてみたいと思われる方におすすめです。
男性 一通り性病検査する

 

女性 一通り性病検査する

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ