尖形コンジローマ 症状

尖形コンジローマ【症状・検査・治療】

女性の症状・特徴

尖形コンジローマ女性

主な症状
カリフラワー状やニワトリの鶏冠状のイボ

 

尖形コンジローマは、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発症する病気です。セックスによって感染し、潜伏期間は約3カ月もあります。

 

症状としては、性器から肛門にかけてカリフラワー状やニワトリの鶏冠状のイボがたくさんできます。イボの先がとがっていることから尖形という名前が付けられており、触れば分かります。
イボは、白色またはピンク色の米粒大で、膣内にもできます。痛みや痒みはありませんが、大きいものだと親指大くらいになります。外科的手術で取り除かなければならないのが面倒です。また、再発の可能性が高く、完全に取り除くには 根気がいります。途中で放り出さないことが大切です。


男性の症状

尖形コンジローマ男性

主な症状
カリフラワー状やニワトリの鶏冠状のイボ

 

男性の場合ですが、亀頭の根元に米粒から小豆大のイボができます。検査や治療法は女性と同じですが、放っておくと陰茎ガンになる恐れがあるので要注意です。


注意事項

注意点としては、潜伏期間が3カ月と長く、忘れた頃にやってくることです。

 

さらに、イボを切除しても ウイルスは体内に残ります。ヒトパピローマウイルスのある型は 子宮頸ガンとの関係が深いと言われているので、尖形コンジローマが治っても注意が必要です。中には 感染しても尖形コンジローマを起こさないこともあり、定期的な子宮ガン検診で発見するしかありません。

妊娠への影響・検査・治療

妊娠・出産への影響ですが、赤ちゃんが産道を通るときに稀に感染することがあります。そして喉にイボができ、窒息やガンの原因になったります。しかし、症状が出ていも帝王切開で出産すれば、感染を防げます。また、女性は子宮頸ガンを 男性は陰茎ガンとの関係が深いと言われているので注意が必要です。

 

検査としては、イボの組織を採取してウイルスを調べます。

 

尖形コンジローマの治療としては2種類、外科的な手術によって取り除く方法と 抗ガン剤入りの軟膏を塗る方法です。といっても 手術による治療のほうが一般的で、局所麻酔をすることがあるものの、レーザー蒸散,凍結療法,電気凝固など 簡単にできます。

 

ただ、肉眼で確認して取り除く方法なので、小さい病変を見落とす可能性があります。再発するリスクがあるわけで、あとで大きくなります。また、軟膏の場合も、治療に時間がかかるというデメリットがあります。さらに、正常な皮膚にも塗布するので、潰瘍性の病変ができる可能性もあります。

 

いずれの場合も、完治したのが確認できるまで セックスは禁止です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ