膣トリコモナス症 症状

膣トリコモナス症【症状・検査・治療】

症状・検査等

膣トリコモナス症は、トリコモナス原虫が原因で発症する病気です。膣に寄生して膣炎を起こすので、トリコモナス膣炎とも言います。セックスによって感染し、潜伏期間は1〜2週間あります。

 

女性の症状

膣トリコモナス女性

主な症状
あわ状の悪臭の強いおりものの増加/外陰部や腟の強いかゆみや痛み

 

女性の症状としては、黄色味を帯びた泡立ったおりものが たくさん出ます。性器が、赤くなったり 痒くなったりもします。病気が進行すると排尿痛も現れ、さらに放っておくと卵管炎なども引き起こすことがあります。そして不妊症になったり、妊娠しても流産や早産を起こす可能性があります。

 

 

男性の症状

膣トリコモナス男性

主な症状
尿道からのウミ/軽い排尿痛

 

男性の症状についてですが、尿道に寄生するので 軽い排尿痛があります。ただ気付かないことが多いので、感染源になりやすいです。

 

 

検査・治療

検査は、膣の分泌物を調べます。感染していると原虫がうようよ動き回っている様子が、顕微鏡で確認できます。治療は、内服薬を1週間〜10日飲んで行いますが、場合によっては膣錠を用いることもあります。

 

パートナーが治さない限り再発を繰り返すので、治療はカップルで一緒にすべきです。そして治療中は、セックス禁止です。

 

おりものが増えたりいつもと違った感じがする…ご不安な方はまずこの検査がおすすめ。綿棒でこするだけで簡単に検査できます。
膣トリコモナス検査詳細

 

安心のための代表的な性病検査ができる標準タイプ。ひととおり検査をしてみたいと思われる女性におすすめです。
女性 一通り性病検査する


ホーム RSS購読 サイトマップ