産婦人科 性病検査

産婦人科での性病検査が一番ですが・・・抵抗ありますよね

性病の検査は、産婦人科,泌尿器科,皮膚科,性病科,感染症科などで受けることができます。どこで受けても同じですが、女性ならまず 産婦人科を受診してみましょう。とはいっても、一度も受診したことがなかったり、未成年だったり、性行為の相手が特定できなかったり・・・「妊娠してないのに受診できるの?」なんて言う人もいるかもしれませんね。

 

産婦人科は、妊娠や出産を扱う産科と、月経や子宮・卵管などの病気や更年期などを扱う婦人科に分かれています。つまり、10代の女の子から高齢の女性まで、さまざまな年代の人が 様々な理由で受診しているわけです。未婚の若い女性だと行きづらさもありますが、恥ずかしいことはありません。それどころか、生涯付き合っていける産婦人科医を探すいい機会でもあります。気軽な気持ちで訪れてみましょう。

 

産婦人科での性病検査ですが、まずは問診から行います。どこにどんな症状があるのか,いつセックスしたのか,コンドームは使ったのかなどについて、質問されます。話しにくいかもしれませんが、診察するうえでいい判断材料になるので 聞かれたことには正直に答えてください。もちろん、何でもざっくばらんに話せる相性のいい医師を見つけることも大切です。

 

産婦人科では、内診台に乗って診察を受けます。外陰部の状態を見たり、内診によって膣や子宮の状態を触診するためです。ただ、内診台に乗るのは恥ずかしく、抵抗があるものです。また、日本では お腹の上あたりにカーテンを引いていることが多いのですが、これを不安に思ったり 不快に感じる人がいるかもしれません。カーテンが嫌なら、医師に告げてみましょう。

 

そして、緊張していると体が硬くなってしまうので うまくいきません。内診台に乗ったら、リラックスできるよう深呼吸をするといいです。内診では、膣の中に指を入れ、もう一方の手で外から下腹部を押し、子宮などの大きさや位置などを確認します。また、病気の有無や種類を調べるため、綿棒や木製のヘラで膣内部の分泌液(おりもの)や細胞を採取します。

 

診察としては数分で終わる簡単なものなので、体の力を抜いていれば痛いことはありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ