性病 不妊

性病には不妊症や母子感染のリスクもあり

妊娠が分かったらすぐに性病検査を

STD(性感染症)というとエイズを想像し、命の危機に関わるものと考えている人も少なくないことでしょう。しかし、その多くは、飲み薬などで簡単に治すことができます。また、痛みや痒みといった不快な症状が現れるものも少なく、症状が現れても無視できてしまうほどの軽さです。

 

そうしたことから 気付かなかったり 気付いても治療を受けずに放りがちなのですが、女性の場合は気を付けなければなりません。病気が進行すると、子宮頸管炎,子宮内膜炎,卵管炎,骨盤内感染症などと徐々に広がり、最終的に不妊症になってしまうことがあるからです。

 

そして、出産まで辿り着かないことはもちろんですが、妊娠したものの子宮外妊娠だったり 早産や流産を引き起こすこともあります。いざ妊娠と思ったときに赤ちゃんが産めなくなっていたと後悔する可能性があるのが、性病の怖いところです。

 

さらに、妊娠中に体内で胎児に感染したり、出産のときに感染させてしまうこともあります。母親は軽い症状でも、赤ちゃんに感染すると重い場合も多いです。妊娠初期なら 治療をすれば赤ちゃんへの感染は食い止められますし、治療できなくても 出産時に注意を払えば感染を防げる場合もあります。

 

ですから妊娠が分かったら、性病検査を受けるようにしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ