性病 しこり

しこりやリンパ節の腫れに用心/性病の症状

不快感や傷みに要注意

イボやしこりも、感染のサインです。外陰部から肛門にかけて、カリフラワー状あるいはニワトリの鶏冠状のイボがたくさんできたら、尖形コンジローマに間違いありません。イボの大きさは 米粒くらい、色は 白かピンク、通常 痛みはありませんが 少し大きくなると不快感,しこりのある感じ,痛みが生じてきます。

 

外陰部に1cm以内のサイズの硬いしこりができたら、梅毒の可能性があります。通常は1個で痛みもありませんが、放っておくと表面がただれて潰瘍になります。加えて、腿の付け根がグリグリと硬く腫れてきたら、梅毒に間違いありません。その後、潰瘍は 自然に消滅しますが、治ったのではなく 第二潜伏期に入っただけです。感染のサインとして他に、下腹部痛や排尿時の痛みもあります。ただ、下腹部痛は排卵期や月経のときにも起こるので、判別は難しいかもしれません。いつもと違う痛みや時期のズレに注意を払いましょう。

 

そして、クラミジア感染症の場合、軽い下腹部痛を伴います。排尿時の痛みに関しては、淋病,クラミジア感染症,膣カンジダ症,膣トリコモナス症など、様々な病気で起こります。病気が進行し 尿道にも感染が広がった結果起こるもので、尿道から膿が出ることもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ